景観工

国道中央分離帯

 国道中央分離帯

● 防草効果でゴミのポイ捨て軽減・景観を整備・交通障害防止(見通し改善)
中央分離帯の多くは植樹帯の形態をとっている為雑草が多く、景観上や交通障害・ゴミのポイ捨て等の弊害が顕著に確認されていました。

 

導入目的

エコクリーンソイルは施工後硬化し、土壌表面を覆うことで、雑草の発生を抑制させる。また天然の真砂土の風合いで、樹木育成と併せ、ゴミのポイ捨て軽減により景観整備を実現。さらに雑草による見通し障害を防ぎ、交通安全に寄与する。

 

導入結果

施工後充分な防草効果を発揮し、景観整備の成果も得られた。

 

トップページ » 景観工 » 国道中央分離帯