防草対策の方法について、各種類の効果を完全解説!!

更新日:2019年7月12日


暑い季節になると、道端や庭先の雑草が特に気になりますね。

定期的に草むしりや芝刈りをしたとしても、夏の時期だとまたすぐに成長して、雑草との戦いはイタチごっこになります。

草むしりや芝刈りは、この炎天下の下で繰り返し行われると熱中症や日射病の恐れもあり、膝腰を痛める原因となりかねません。

毎年毎年、面倒な除草作業も雑草が生えてこないように防草対策をする事で、負担でしかなかった草むしりや芝刈りをしなくて済むように出来ます。

今回はそんな防草対策を施す際に、どのような防草対策をすればいいのか参考にして頂ければと思います。

 

◇防草対策の方法とその効果についてご紹介!

まず雑草が気になる場所を綺麗に除草します。

(除草については、「意外と重要な除草作業の種類について説明と除草方法のご紹介!!」の記事を参考にしてください。)

除草作業が完了しましたら、次に防草対策の作業に移ります。

防草対策だけでもいくつか種類があり、その性能や効果メリットデメリットをご紹介いたします。

除草作業と同様の手法もご紹介しておりますが、防草対策のものと比較をして検討して頂ければと思います。

施工する場所や目的によって、必要とする防草対策の性能や効果、景観などそれぞれ異なりますので、個々の状況にあった有効な手段を選んで頂ければと思います。

防草対策の方法について、土系舗装材(固まる土)による性能や効果(メリット)とデメリット

土系舗装材(固まる土)による防草対策は、あまり認知されていないかもしれませんが、効果は大きく景観性にも優れた防草対策です。

弊社の『エコクリーンソイル』は販売履歴20年と土系舗装材では日本で一番歴史のある製品でして、防草対策としても数多くの実績があり、10~20年の施工経過も確認出来ております。

特徴は、その名の通り『エコ』で『クリーン』な環境に良い商品として、田畑や水源の近く、お子様が多い公園など、土壌汚染や環境問題に厳しい場所においても、問題なくご使用頂けます。

また防草対策として施工して頂きながら、土本来の良さである、保水性、透水性、景観性、クッション性により、周辺樹木の育成やヒートアイランド現象の対策、庭園などの園路舗装など、人にも環境にも適した環境を整えてくれます。

土系舗装材は舗装材として使われるため、庭園や公園などの園路に使用されることが多く、一般的にはあまり普及せず使用されていないから認知度が低いと思われます。
※土系補材について、詳しく説明しておりますので、興味のある方はご覧ください。
◇真砂土舗装って何? 土系舗装材の全てを徹底解説!!

土系舗装材(固まる土)は、施工方法も比較的簡単でご家庭でも施工出来ちゃいます。実はホームセンターにもガーデニングあたりに置いてあったりします。

メリットは、施工が簡単で寿命が長く景観性も優れています。

施工方法は、除草作業が完了した場所に製品を敷き均して散水、養生して完成とご家庭施工可能です。

一度施工をしてしまえば、長期間において雑草が生えてきません。

日本庭園風に仕上げたり、タイルを埋め込んだりと、自由な施工性に加え、一度固まればちょっとやそっとでは崩れないため景観性にも優れています。

またコンクリートなどと違い、土本来の性質があるため、日差しの照り返しはなく、水は透水・保水をするため夏場は本当に涼しく過ごせます。

デメリットとしましては、導入するには初期費用がかかり、類似商品があり、性能も価格もピンキリです。

粗悪品では、上手く固まらない、雨が降ったらドロドロになる、割れが酷い、草木が枯れる、などの症状があります。

粗悪品や施工に気を付けて頂ければ、土系舗装材はお勧めいたします。

人目につくところや雑草が生えないように根絶したいところなど、景観性を確保しつつ防草を実現できます。

防草対策の方法について、手による草むしり、雑草取りの効果(メリット)とデメリット

まず初めに除草作業でもご紹介した通り、一番原始的な方法で、直ぐに取り掛かれる方法です。

一番のメリットは、特段必要とするものがない為、コストがかからず、除草防草が可能です。

また素手だけでなく、鎌や鍬などの道具を使って、雑草を引っこ抜いたり、根こそぎ刈り取ります。

デメリットとしましては、素手で引っこ抜いても根が残ってしまったり、鎌で刈り取る方法では根本が残ることが多く、完璧な除草防草が難しいところです。

その為、雑草が伸びたら雑草を取り、雑草が伸びたら雑草を取り、と場当たり的な対応になりがちです。

低い姿勢を維持し続けて、時間をかけて作業を行わなければいけない上に、度重なる除草防草作業は重労働な為、かつてのお百姓さんは雑草との闘いと言われるほど、除草防草対策に労力を取られてしまいます。

防草対策の方法について、機械による除草防草の効果(メリット)とデメリット

手での作業に替わって、草刈り機や耕耘除草機などによる、除草防草対策の方法です。

草刈り機は、水田、果樹園などの周辺や空き地などの農耕地でなく広大な場所など、草刈り機を用いることで雑草の地上部を短く刈り取ります。

かつて、鎌で作業をしていたものが効率よく行えるようになり、また姿勢も腰を曲げずとも立ったまま作業が出来、現在でも使用されています。

耕耘除草機は、畑を耕しつつも土を撹拌し、生えている雑草を抜き、切断したりし、除草作業としても使われます。

こちらもかつては鍬で作業をしていたものが代替し、現在の農家でも多く使用されているものです。

メリットは、機械を用意出来れば、比較的安価で作業が可能となり、広大な場所にも対応可能です。

また、手での作業に比べ効率的で尚且つ、腰への負担も軽減されるため、老後の腰曲がりの予防にもなります。

デメリットは、手での除草防草作業と同様に、その場しのぎの対応に時間をかけて行わなければなりません。

機械を使って綺麗に芝を刈り取っても夏場など雑草の成長が著しい時期は、月に1回以上のペースが必要とされています。

防草対策の方法について、植生物などによる性能や効果(メリット)とデメリット

生物に雑草などを食べてもらう方法です。

利用生物には、昆虫、小動物、植物、動物などがあります。

一例としましては、防草対策に地被類の植物で覆う方法があり、多くは道路の路肩部分や畑、田んぼ、水路の脇に緑化として使用されます。

地被類でもツルが伸びるもの、花が咲くもの、多種類ありますが、地面に広がる植物が適しています。

植物を植える前には、先に記載した通り、雑草の値を残さないように除草作業が必須となります。

植生物による防草対策の効果(メリット)は、自然本来のあり方に近く、環境に優しく、景観も自然に近いものになります。

デメリットとしましては、対象となる雑草に効果があり、非対象となる他の生物に対して、害がないことを細かくチェックしなければなりません。

植生物による除草は周囲に対して、生態系を崩してしまう可能性があるため、厳しく注意する必要があります。

その上、効果おいても生物を扱うため100%同じ効果を一定に出し続けることが難しいところでもあり、広く実用化まで至っていないのが現状です。

また上記のように、植物による防草は景観性に優れていますが、飛来してきた雑草の駆除や地被類の植物の定期的なメンテナンスが必要となるため、手間がかかります。

植生物は生きているため、どのような影響や効果があるのか、ほぼ自然の環境に近いものですので、観察や管理など、その後の手間が必要になってきます。

防草対策の方法について、除草剤防草剤の散布による性能や効果(メリット)とデメリット

薬(除草剤)を散布することにより、雑草を枯らしたり、今後生えてこないようにする方法です。

現在は色々な種類があり、防草用としましては、除草を終えた土壌に散布したり、混ぜ込むタイプがあります。

強力なものは、土壌に残った根や株までを枯らしてしまうものまであります。

メリットは、上記に挙げた従来の除草方法と比較して、散布するだけと簡単で、効果が安定的かつ持続的であります。

また作業効率は大変よく、体への負担は一番楽になるかと思われます。

しかしその反面デメリットは、周囲の作物への薬害や除草剤に強い抵抗性雑草が生えてしまったり、一番問題視されているのは、薬の残留です。

薬品を散布することで、周囲の昆虫や動物を死滅させてしまい生態系への影響が出たり、食品への残留薬品として我々人間にも影響されます。

ご家庭のお庭では、お子様への影響など心配なのであまり使われない事が多いかと思われます。

また定期的なサイクルで使用したり、多量に必要になるため、コスト面では高くなりがちです。

多くは農業で使われ、現在では使用目的をはっきりとしており、ある一定の植生物に効果があるように環境にも配慮したものもあり、現在では一般的な方法として用いられています。

 

防草対策の方法について、防草シートによる性能や効果(メリット)とデメリット

防草対策として、広く一般的な方法として防草シートが挙げられます。

防草シートを使用することで期待する性能と効果としましては、植物の育成に必要な日光と水である「日光」を遮断してしまう事により、植物の育成を防ぎ防草を実現しています。

防草シートには、大きく2種類あります。

繊維質な織布性防草シートは、布のように防草用フィルムを折り込んだように作られた黒や緑のブルーシートのような防草シート。比較的に安価でホームセンターなどで手に入ります。

不繊布性防草シートは、繊維の一本一本が融着して出来ており、織布性に比べ強度が高く、価格も高い傾向にあります。

防草シートのメリットは、比較的に施工が簡単な上に、ホームセンターなどでも手に入りやすく、上記に比べて経済的と言えます。

施工方法は、ロール状になっている製品を除草作業が完了した場所に敷いていき、ピン止めをするだけと簡単です。

一度施工をしてしまえば、少ない手入れで防草を維持することが可能です。

デメリットとしましては、導入するのに初期費用がかかる上に、製品の種類が多く、価格性能はピンキリです。

粗悪な物は、雑草が貫通してしまい防草効果が弱いものや紫外線に弱く2~3年で破れてしまい効果が無くなってしまいます。

景観が黒色や緑色と殺風景になるため、人目につくところでは積極的には使われません。

お庭や花壇などのスペースでよく、防草シートの上に砂利を敷く方法があり、景観性を補う使用方法もあり、用途と場所によっては使い分けれるかと思います。

◇防草対策について、まとめ!

ここまで読み進めて頂き誠にありがとうございます。

雑草は、放置しておく事は環境に良いとは言いきれず、除草防草作業は日本人には昔から隣り合わせな労働です。

施工する場所の特性や各個人の予算、労働力、時間を考慮しつつ、対策を検討して頂ければと思います。

私一個人の考えとしましては、薬などを使わず、環境に優しい手法で除草、防草をしていければと思います。

環境問題は人間のエゴによって、破壊されていきますが、弊社はその人間と環境の両方に優しい商品でありたいと願っております。

弊社のエコクリーンソイルは販売履歴20年と日本で一番歴史があり、環境に優しい商品です。

興味がありましたら、是非、弊社のエコクリーンソイルも検討して頂ければと思います。

お気軽にご相談やご質問もお待ちしております。

PAGE TOP