東京大学内 エコクリーンソイルによる三四郎池遊歩道の施工事例と施工写真

更新日:2019年5月28日


◇自然土系舗装材料エコクリーンソイルを施工に至った経緯

◆導入理由

東京大学の敷地内にある三四郎池の周りの歩道部分を整備したいとご依頼を頂きました。

 

◆導入目的

訪れた人が安全に歩ける歩道を整備することが目的です。

他にも、池の水質を汚染しないもの、自然の景観を保てるものということで、エコクリーンソイルをお選び頂きました。

 

◆結果

施工直後も舗装が整備され、良い評価を頂きました。

現在で、施工から約20年経っていながらも舗装としての性能は保たれていると言えます。

一部では剥離や樹木によるクラックが目立つ部分もありますが、製品を水分を通し樹木を育成しており、環境に問題がない証拠です。

ほぼメンテナンスフリーで20年経っても製品としての性能が保たれており、コストパフォーマンスは高いと感じるはずです。

また、数年おきに補修用で製品のお問合せがありますが、補修も簡単にできてしまう施工性もメリットの一つです。

 

1.【歩道部 施工直後写真 H12年撮影】
東京大学遊歩道

2.【石畳み歩道1 施工経過8年目写真 H20年撮影】※画像をクリックで拡大!

3.【東屋1 施工経過8年目写真 H20年撮影】※画像をクリックで拡大!

4.【石畳み歩道2 施工経過19年目写真 H31年撮影】※画像をクリックで拡大!

5.【東屋2 施工経過19年目写真 H31年撮影】※画像をクリックで拡大!

6.【広場 施工経過19年目写真 H31年撮影】※画像をクリックで拡大!

 

◇自然土系舗装材エコクリーンソイル 建設物価掲載の設計価格や詳細についてご紹介

土系舗装材料エコクリーンソイルは、エコでクリーンな製品として、人にも環境にも優しい製品です。
日本の販売履歴が長く、全国の遊歩道や防草対策としてよくご利用頂き、数多くの実績がございます。
エコクリーンソイルの詳しい製品情報は下記ページをご参照ください。

エコクリーンソイル

◆カタログダウンロード!カタログ画像orこちらの青文字をクリック!!

◆エコクリーンソイルの積算 使用量の目安について

使用量について、カタログ裏面に簡単に記載しております。
厚さ40㎜の時、2.8袋/㎡使用 用途:人の通行程度
厚さ50㎜の時、3.5袋/㎡使用 用途:自転車などの通行程度
厚さ60㎜の時、4.2袋/㎡使用 用途:管理車両などの通行程度

◆エコクリーンソイル活用 施工事例と写真!こちらの青文字をクリック!!

活用事例を掲載しております。どのような仕上がりになるのか、ご興味ある方は、是非ご覧ください。

◆エコクリーンソイルの登録評価について

エコクリーンソイルは下記の登録を取得しており、公共工事においても広くご利用頂いております。

・NETIS登録番号TH-000030-V:活用効果評価有り
・東京都建設局新技術登録NO.1001003
・旧日本道路公団(NEXCO)新技術登録NO.200100051

エコクリーンソイルは、建設物価 特殊舗装工 エコクリーンソイル工法に掲載しております。

その他、エコクリーンソイル設計価格、設計施工歩掛り、平米単価、特注色(応相談)などお見積作成や必要資料がございましたらお問合せ下さい。
また製品についてご質問やご相談、お困りのことなどございましたら、下記お問合せフォームからお問合せ頂くかお電話にてご連絡下さい。

PAGE TOP