静岡県 某国道中央分離帯

更新日:2019年3月1日


1.【全体写真1】※画像をクリックで拡大!

2.【全体写真2】※画像をクリックで拡大!

3.【施工面アップ】※画像をクリックで拡大!

4.【植栽面アップ】※画像をクリックで拡大!

5.【施工直後 経年比較】※画像をクリックで拡大!

6.【施工6ヶ月後 経年比較】※画像をクリックで拡大!

 

◆導入理由

静岡県の街の中を通る国道の中央分離帯で雑草が多く、景観を損ない、交通障害、ゴミのポイ捨てなどが多く、市民の方からの改善要求もあり、お問合せ頂きました。

 

◆導入目的

エコクリーンソイルを施工することで下記の効果を期待いたしました。

雑草が生い茂っていたことが大きな問題となっており、

エコクリーンソイルは施工後硬化し、土壌表面を覆うことで雑草の発生を抑制させることで、ゴミのポイ捨てを軽減いたします。

また天然の真砂土の風合いと日本で唯一、国の環境基準の法律を100%準拠しており、水分は製品を透り、樹木育成いたしますので、景観整備を実現させます。

さらに雑草による見通し障害を防ぎ、交通安全に寄与いたします。

 

◆結果

施工直後から見通しもよくなり、好評なご意見を頂きました。

半年後の経過観察でも、樹木もしっかりと育成しており、ゴミも以前と比べ少なく、充分な防草効果と景観整備に対して成果を得られました。

 

今回はゴミのポイ捨てについて、更に一工夫加えております。

ゴミのポイ捨てについては、人の心理が強く作用しているそうです。

汚いところは、汚しても気にならない。周りの人がやっているから自分もやって大丈夫といった風に考えがちです。

そのため、現地は悪いサイクルに陥っておりました。

雑草が多く、交通者が雑草に捨てたゴミは、誰も回収をせず滞留し、どんどんゴミが増える。

 

今回は防草対策に加え、ポイ捨て対策として、3枚目の【施工面アップ】写真を見て頂けますと分かるように、

施工面に若干の傾斜をつけて施工いたしました。

こうすることで、人間の心理とは不思議なもので、ゴミなど投げた物が自分の方に戻ってくると思い、ポイ捨てをしたくなくなるそうです。

エコクリーンソイルを施工したことで、中央分離帯は綺麗な場所になり、綺麗な場所にはゴミをポイ捨て出来ない、投げたゴミは自分に返ってくるからヤダ。

とポイ捨てに一躍買った事例でした。ご参考下さい。

 

◇自然土系舗装材エコクリーンソイルのスペック

エコクリーンソイルは、土系舗装材の販売において日本で歴史が古く、エコでクリーンな製品として、人にも環境にも優しい製品です。
全国に数多くの実績もあり、遊歩道や防草対策としてよくご利用頂いております。
エコクリーンソイルの詳しい製品情報は下記ページをご参照ください。
◆『エコクリーンソイルとは』こちらの青文字をクリック!!
◆カタログダウンロード!こちらの青文字をクリック!!

活用事例を掲載しております。どのような仕上がりになるのか、ご興味ある方は、是非ご覧ください。
◆活用事例!こちらの青文字をクリック!!

エコクリーンソイルは下記の登録を取得しており、公共工事においても広くご利用頂いております。

・NETIS登録番号TH-000030-V:活用効果評価有り
・東京都建設局新技術登録NO.1001003
・旧日本道路公団(NEXCO)新技術登録NO.200100051

エコクリーンソイルは、建設物価 特殊舗装工 エコクリーンソイル工法に掲載しております。
・エコクリーンソイル設計価格:1700円/25㎏袋(税抜)

その他、エコクリーンソイル施工歩掛り、平米単価、色見本(計4色)など必要資料、
また製品についてご質問やご相談、お困りのことなどございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

土系舗装/ソイル舗装で防草を実現するECSテクノ