地球温暖化を解説!起きている現象と暮らしを守るための対策

更新日:2021年7月17日


地球温暖化とは、よく聞く言葉ですが簡単に説明することが難しかったり、実際にどのようなことが起きているかを詳しく知らないことが多いでしょう。

なにか悪いことが起こると予測できても、どうすればいいかわからなかったり、具体的に行動することは難しいです。

そこで本記事では、地球温暖化について詳しく紹介します。

以下についてを解説します。

  • 地球温暖化とはどんな事か
  • 自分の身の回りで起きている例
  • このままではどう変化するのか
  • 私たちにできること

この記事を読むことで、地球温暖化についてを詳しくしることができ、身近なことから地球温暖化の対策をやってみよう!と思うきっけかとなるでしょう。

ぜひ、参考にして下さいね。

 

地球温暖化って?

地球温暖化とは、地球全体が必要以上に暖められ気温がどんどん上昇していく現象。

私たちが住んでいる地球は、太陽の光によって暖められています。

地球表面の大気中に温室効果ガスがあることで、地球から逃げていく熱と、逃がさない熱のバランスを保つことができています。

程良くバランスが取れているため平均気温の14℃前後を保つことができ、生物が活動できる環境が整っているのです。

しかし、温室効果ガスが増えすぎることで、地球の外に出る熱の量が少なくなり、地球の気温が上昇する地球温暖化が起きています。

 

地球温暖化の原因

地球温暖化になる原因は、地球表面の温室効果ガスの濃度が濃くなること。

人間の経済活動によって温室効果ガスをたくさん排出することが主なものとされています。

ちなみに温室効果ガスとは、二酸化炭素やメタンなど数種類の気体のこと。

中でも産業革命以降から大きな変化が見られており、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)の第4次報告書によると、過去50年の温度の上昇は特に大きいと言われています。

最近50年間(1956~2005年)の温度上昇の傾向は、10年間に0.13℃。これは、過去100年間(1906~2005年)の傾向のほぼ2倍に相当。

(引用:IPCC第4次評価報告書統合報告書概要(公式版)より)

また、化石燃料を大量に燃やすことだけでなく、森林が減少することも地球温暖化を加速させる原因と考えられています。

 

地球温暖化によって起きている現象の具体例

地球温暖化が進むことで地球の平均気温が上がるため、私たちの生活に様々な影響があります。

今現在で、地球温暖化の影響で起こっているのではないか?という問題は以下のようなものがあります。

  • 農作物の被害
  • 生態系の変化
  • 大雨の増加や洪水リスクの上昇
  • 都市部ほど気温が高くなるヒートアイランド現象

これらはあくまで代表例で、この他にも様々な問題が挙げられているため、今後もさらに増え続けていくでしょう。

 

さらに気温が上昇すると予測されている今後の未来

すでに日本の平均気温はここ100年あたり約1.15℃上昇しており、何も対策をしなければ2100年には0.3~4.8℃の上昇が予想されています。(参考:IPCC 第5次評価報告書の概要 -WG1(自然科学的根拠)-

すると地球では、排出した二酸化炭素を地球が吸いきれなくなり、光合成や食物連鎖や腐敗に関係する炭素循環過程に影響が出ることが確信されています。

例えば、海では海洋の酸性化が進み、農作物は品質の低下、異常気象の頻発も加速するため、今の生活と違う様式が求められます。

さらに、世界の海面水位の上昇は、2100年に26㎝~82㎝と予想されているのです。

今後の気温上昇による気候変動に対応するためには、水害への防災を考えることが重要になってくるでしょう。

 

地球温暖化を防ぐために私たちにできること

温暖化を遅らせるためにも世界各国では気候変動条約に基づき、産業革命前から世界平均気温の上昇を2℃未満にすることを目標としています。

地球温暖化進行の速度を抑えるには、まずは大きな原因である温室効果ガスの削減に努めなければいけません。

対策としては世界各国で協力する「パリ協定」で長期的な目標を立て、二酸化炭素の排出量を減らす大規模な活動をしています。

日本は、2030年までに温室効果ガスの排出量を26%削減することが目標。

一方で、たとえ小規模でも私たち一人ひとりの生活の中で、取り入れられる行動もあります。

例えば、できるだけエネルギーを使うことを少なくする〝省エネ〟を心がけることで、温室効果ガスをすこし削減することができます。

まずは、使っていない電気を消すことや、植物を植えることなど、身の回りの小さなことから始めてみましょう。

 

まとめ

最後に、この記事をまとめます。

地球温暖化とは、人類が発展するために出した温室効果ガスによって、地球が暖められてしまう現象。

地球温暖化の影響としては、動植物の減少や、水害などの被害が起きている。そして、進行し続けている。

私たちの生活に関する問題が多く起こるため、できるだけ地球温暖化の進行を遅くするためにも、小さなことからできることを実行することが大切。

以上で、地球温暖化についての解説を終わります。

数十年後も過ごしやすい環境を作るために、一人ひとりが省エネを意識しましょう。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

PAGE TOP